失敗しない小学生のタブレット学習選び【通信教育5社を比較】

子育ての悩み(小学生)

こんにちは、のじです。

学校教育でも導入され始めたタブレット学習は子供にとって勉強を楽しくするアイテムです。

しかし、タブレット学習を検討する上でこのような悩みはないでしょうか?

  • タブレット学習を検討しているけどどのような種類があるのかわからない
  • 自分の子供に合ったタブレット教材を知りたい

今回は我が家が検討したタブレット教材を比較表に纏めました。

比較した結果、進研ゼミがすべてにおいて頭一つ分優れており、おすすめです。

実際に受講してみても毎日自分からタブレット学習に取り組めていて、

親子共に大満足しています。

小学生タブレット学習の比較表

それぞれのサービスを学べる教科、月額料金、初期費用、特徴と解約条件などで比較してみました。

料金形態に大きな差はないものの、初期費用であるタブレット代は各社で費用が異なります。

のじ
のじ

家庭に自前のタブレットがあるかないかも検討するポイントだね

サービス名進研ゼミスマイルゼミZ会RISU数学デキタス
学べる教科 国語・算数・英語・プログラミング 国語・算数・英語 国語・算数・英語・みらいたんけん・プログラミング 算数国語、算数、英語、生活
月額料金 12カ月一括払い
1年生2,980円/月
2年生3,180円/月
12カ月一括払い
1年生2,980円/月
2年生3,200円/月
12カ月一括払い
1年生2,992円/月
2年生3,366円/月
基本料 2,500円+利用料
※先取学習の場合利用料が発生
3,300円
初期費用 6カ月以上の継続でタブレット代が無料 タブレット代9,980円 手持ちのタブレットがあれば初期費用はなしタブレット費用無料手持ちのPCまたはタブレットがあれば無料
特徴 キャラクターと楽しく学習できる
努力賞のポイント制度でプレゼントがもらえる
マイキャラクターを設定して
ゲームも楽しむことができる
他の通信教育と比べて難易度が高く、
勉強が得意な子や中学受験を考えている家庭に向いている。
算数に特化しており、無学年方式を採用。
得意な子はどんどん先に進める。難易度は高め。
城南予備校を運営する城南進研グループの講師陣が監修。
強み小学生利用率NO.1!
圧倒的な認知度を誇り、
勉強の苦手な子にも楽しく勉強する工夫がある
保護者が学習の進捗状況を確認できる「みまもるネット」が評判。勉強をもっと伸ばしたい子や
中学受験を考えいる子向け
難関中学合格者を多数輩出している。算数の苦手克服から先取学習まで幅広い個別フォロー間違った問題は自動登録され、
振り返り学習ができる
解約条件6か月未満での退会の場合、タブレット代9,900円タブレット発送から2週間は
全額保証期間。
6カ月未満の解約の場合、タブレット代29,820円。
6カ月以上の場合、タブレット代6,980円。
なし契約期間1年、
途中解約はできるが基本料は戻ってこない
なし
詳細説明に飛ぶ説明に飛ぶ説明に飛ぶ説明に飛ぶ 説明に飛ぶ
タブレット教材比較表

タブレット学習サービスの選び方

タブレット学習サービスの選び方

サービスを選ぶポイントとしては、以下2点があげられます。

  • 専用タブレットを使いたいか、自前のタブレットを使いたいか
  • どのような用途でタブレット学習を選ぶのか

専用タブレットor自前のタブレット

専用タブレットは専用のペンがセットになっており書く問題を出題できます。

ただし、継続期間が短いとタブレット端末代を請求するサービスも多いです。

自前タブレットはご家庭のタブレットを利用できるため手軽に始められますが、

書き取り問題には向かないでしょう。

まずは専用タブレットのあるサービスか、自前タブレットを使用するサービスかでまずは選択しましょう。

サービス名
専用タブレットを利用するサービス 進研ゼミ、スマイルゼミ、RISU数学
自前タブレットを利用するサービスZ会、デキタス

どのような用途でタブレット学習を利用するのか

タブレット学習に何を求めているかによっても選択するサービスは異なります。

  • 学校の先取学習、復習
  • 中学受験用の学習

学校の先取学習、復習はどの通信教育でもできますが、

中学受験用の学習は難易度の高い通信教育を選択する必要があります。

中学受験用として利用する場合には、Z会、スマイルゼミ(発展クラス)、RISU数学がおすすめです。

進研ゼミ 小学生講座

進研ゼミのタブレット学習画面

小学生利用率NO.1!圧倒的な認知度でコストパフォーマンスが抜群の進研ゼミ。

教材の質も高く、コンテンツも豊富です。

専用のタブレットは6カ月以上の継続で無料でもらうことができます。

↓こちらの公式サイトから入会が可能です!

進研ゼミのデメリット

「みんながやっている」ということはどんな子でもできるレベルの教材であること。

他の子よりも差をつけたいと思っているご家庭には問題量が物足りないかもしれません。

スマイルゼミ

スマイルゼミのタブレット学習画面
出典:スマイルゼミ公式ホームページ

スマイルゼミ専用のタブレットは書くことに拘って設計されていて、

紙に書くのと同じように計算式をタブレットに書くことが可能です。

「みまもるネット」で保護者が学習状況をアプリから把握できます。

全額返金保証制度があるので、試してみたい方は制度を利用してみてください。

↓まずは公式サイトから資料請求しましょう

スマイルゼミのデメリット

入会時にタブレット代9,980円を支払う必要があり、

さらに6カ月未満の受講の場合にはタブレット代として29,820円の請求が発生してしまいます。

こだわりのタブレットだけにタブレットにかかる費用が高額なところがデメリットとしてあげられます。

Z会 小学生タブレットコース

Z会のタブレット学習画面
出典:Z会公式ホームページ

Z会の小学生講座は問題の質が高く、「他の子と差をつけたい」、

中学受験を視野に入れている」子に向いています。

シンプルな教材で教科書よりも上のレベルの勉強ができます。

↓まずは公式サイトから資料請求しましょう。

Z会 小学生タブレットコースのデメリット

受講料が通信教育の相場よりも若干高めで、タブレットも自分で用意する必要があります。

シンプルな教材なので、もともと勉強が好きな子でないと続けにくいかもしれません。

RISU数学

RISU数学のタブレット学習画面
出典:RISU数学公式ホームページ

数学に特化したタブレット通信教育です。

公文を思わせる問題数と上質な問題で、

算数の苦手な子からぐんぐん伸ばしたい子まで

無学年方式で勉強します。

料金形態が特徴的で基本料2,500円と利用料がかかります。

利用料はクリアしたステージに応じて0円~最大8,500円までです。

タブレット代がかからず、解約後も復習としてタブレットを使用できるのは大きなメリットです。

RISU数学のデメリット

基本料は1年間まとめて払い込む必要があり、途中解約しても返金がありません

受講できるのは算数だけなので、他の通信教育に比べると料金が高いです。

デキタス

デキタスのタブレット学習画面
出典:デキタス公式ホームページ

難関大学受験の予備校として名高い城南進研グループが運営する学習WEBサービスです。

タブレットだけでなくパソコンでも受講可能です。

公式サイトから無料体験ができるので、まずはサービスに触ってみてください。

デキタスのデメリット

選択式の問題が多く、書き取り問題がないのが欠点です。

コンテンツも他の通信教育サービスに比べると弱いです。

【通信教育5社を比較】失敗しない小学生のタブレット学習選び:まとめ

いかがでしたでしょうか。

タブレット学習を選ぶにあたり、選定のポイントや各サービスの特徴をお話しました。

総合評価としてコストパフォーマンスが高いのはやはり進研ゼミです。

付録やコンテンツを考えても利用率NO.1が頷けます。

しかし、中学受験や他の子との差別化を図るのならZ会やスマイルゼミ(発展クラス)を検討してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

↓いち押しの進研ゼミは公式サイトからすぐに入会できます

【進研ゼミ小学講座】
この記事を書いた人
のじ

このサイトの運営者 のじです。
共働き主婦(ワーママ)で小2と年中の男の子がいます。
システムエンジニアとして働いています。

のんびり仕事、のびのび育児を目標に日々過ごしていきたいと思ってはいますが、
子供が何歳になっても子育ての悩みは尽きません。
私の経験が少しでも皆様の問題解決のお役に立てれば幸いです。

のじのROOMには男の子向けおすすめ商品があるよ
子育ての悩み(小学生)
のじのROOMには男の子向けおすすめ商品があるよ
のじ日記
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました