0歳(10月生まれ)入園のメリットデメリット

秋生まれの0歳児入園アイキャッチ画像 子育ての悩み(0-2歳)

こんにちは、のじです。

秋生まれの赤ちゃんを保育園にいつ入園させるのか、迷いますよね。

1歳近くで入園するのがちょうど良いですが、秋生まれは0歳児クラスに入れると4~6カ月での入園になり、

1歳児クラスに入れると1歳4か月~6カ月での入園になります。

私は長男11月末生まれは1歳児入園(入園時は1歳4カ月)、

次男は10月末生まれは0歳児入園(入園時、生後5か月)にしました

私の体験談から0歳児入園のメリットデメリットをお話します。

スポンサーリンク

0歳児入園をして大変だったこと

まずは0歳児入園をして大変だったことは以下、4点あります。

  1. 夜間授乳が夜間2~3回あり、毎日寝不足状態で仕事に行くのが辛かった
  2. 子供の病気により月平均3日間は会社を休まなければならなかった
  3. 帰ってから寝るまでのスケジュールが座る暇がなかった
  4. 離乳食のアレルギーテストが大変だった

①夜間授乳が夜間2~3回あり、毎日寝不足状態で仕事に行くのが辛かった

ミルクに切り替えることも検討しましたが、スキンシップのために保育園以外では母乳をあげていました。

1歳の頃には母乳が出なくなっていき断乳はすんなり終わりましたが、

断乳まで夜間授乳が必要だったので平均2回~3回、多いときは4,5回、夜間に起きて授乳していました。

夜間に何度も起きるので、当然、日中は眠いです。

昼休み明けはウトウトしてしまうことも多かったです。

②子供の病気により月平均3日間は会社を休まなければならなかった

0歳児は免疫力が弱いので、熱を出すとだいたい3日は下がりませんでした。

熱以外にも下痢や嘔吐など、月に平均3日はお休みしていました。

ポイント

有休があってもあっても足りないので、パパや祖父母に看てもらったり、

病児保育を利用したりする必要があります。

復帰前に子供が病気になった時に頼れる人、サービスを調整しておきましょう。

③帰ってから寝るまでのスケジュールが座る暇がなかった

帰ってから寝るまで、以下をこなす必要があります。

  • 授乳
  • 食事を準備(大人分、兄弟分、離乳食)
  • 食べる、食べさせる
  • 片付け
  • お風呂に入れる
  • 寝る準備
  • 寝かしつけ

私はワンオペだったので座る暇がほとんどなく毎日がハードモードでした。。

ポイント

ワンオペの場合、平日の夕方に夕食作りは厳しいので、宅配弁当やミールキットを検討しましょう

④離乳食のアレルギーテストが大変だった

保育園によって方針は異なりますが、私の子供が通う保育園では初めての食材は家で3回食べさせてからでないと、

保育園の離乳食として出せないという方針でした。

そのため、毎週、給食(離乳食)の献立(食材リスト)を受け取り、

3回食べてないものには×印を記入すること。→除去食が提供される

除去食にしないためには食材の登場までに3回家で食べさせること、となりました。

保育園はバランスの良い給食が提供されるので季節ごとに食材が変わります。

毎日、何かしら新しい食材を家で与えてみなければならない状況でした。

怒涛の忙しさの中、新しい食材の離乳食を作るのはなかなか大変です。

0歳児入園で良かったこと

大変なことが多かったですが、ここから良かったことを紹介します。

  1. たくさんの人(保育士さん)に愛される
  2. 保育園で色々なおもちゃや体験をさせてもらえる
  3. 一日中一緒にいないからこそ、一緒にいる時間を大切にできる
  4. 悩みを保育士さんに相談できる、的確なアドバイスがもらえる
  5. 仕事復帰をすることでブランクを短くし、キャリアを積める

① たくさんの人(保育士さん)に愛される

家で看ていると、ママ・パパのみとの接触になりますが、

保育園ではたくさんの保育士さんに抱っこされたり名前を呼ばれたりします。

子供にもお気に入りの保育士さんができたり、

たくさんの愛を貰えるのは子供の成長に良い影響を与えるはずです。

特に低月齢だと保育士さんが特別可愛がってくれている印象でした。

のじ
のじ

やっぱり赤ちゃんて可愛いですよね

② 保育園で色々なおもちゃや体験をさせてもらえる

夏には水遊び、裸足で砂場、手形や足形のスタンプなど、

色々なプログラムがありたくさんの体験をさせてくれます。

また、月齢に合わせたたくさんのおもちゃがあるのでたくさんの刺激をもらえます。

③一日中一緒にいないからこそ、一緒にいる時間を大切にできる

子供と一緒にいると自分のペースでは何もできないので、

ストレスが溜まりますよね。

1日中一緒にいるとついついイライラしてしまうことも、

離れる時間があるからこそ、一緒にいる時間を大事にできます。

④悩みを保育士さんに相談できる、的確なアドバイスがもらえる

育児には悩みがつきものですが、毎日の送り迎えで保育士さんと顔を合わせるので、

ちょっとした相談ができます。

人に聞いてもらうだけでも心が軽くなることがありますが、

色々な子供を看てきた保育士さんならではの的確なアドバイスがもらえたりします。

⑤仕事復帰をすることでブランクを短くし、キャリアを積める

休職期間を短くすることで、不在期間を短くしキャリアへの影響が小さくなります。

1年以上休んでしまうとちょっと浦島太郎気分を味わうことになりますが、

秋生まれで4月入園をすれば休職期間は半年ほどです。

基本的には勤続年数が長い方が昇進には有利なので休職期間を短くすることはキャリアを積むにあたり有効です。

我が家が0歳児入園(早めの仕事復帰)をした理由

私としても0歳児クラス入園か1歳児クラス入園かは大変迷いました。

0歳児クラス入園を決めた理由は何だったのか、お話します。

産後5か月で復帰した理由としては以下4つでした。

  • 長男と同じ保育園に通わせたいので保活に有利な0歳児入園にした
  • 仕事で大きな案件があり、人が必要な状況だった
  • マイホームを購入してローンを返済する必要があった
  • 1回目の育児休暇を長いと感じたから

一つ一つ説明していきたいと思います。

長男と同じ保育園に通わせたいので保活に有利な0歳児入園にした

長男は第一希望の保育園に運よく入園することができました。

その保育園を気に入っており、次男も同じ保育園に通わせたいと思っていました。

また、別の保育園に入園したとすると2つの保育園に子供を送り届けてから出社することになるため、

通勤時間の増加や手間が発生します

0歳児入園は1歳児入園よりも入園しやすい(保活に有利)です。

なぜなら、認可保育園の入園条件は生後二か月以上である必要があり2,3月生まれは0歳児入園はできません。

また、生後6カ月未満の子供を入園させる方は少ないため、入園希望者が少ないのです。

逆に1歳児入園は0歳児で入園できなかった人を含めて

ほとんどの方が入園を希望するので倍率が高くなります。

その保育園の募集人数にもよりますが、0歳児入園の方が入りやすい場合が多いです。

仕事で大きな案件があり、人が必要な状況だった

仕事は10年に1度の繁忙期で、人手不足であることがわかっていました。

また、繁忙期はその1年のみだったのでもう1年育児休暇を延長して復帰しても

逆に仕事がない状態に陥る可能性が高かったのです。

ワーママは残業が出来ないのでその他の人に仕事が偏り、不満を持つ方もいると思います。

望まれているうちに復帰して会社に貢献したかったことも理由の1つです。

実際、「よくこの忙しいタイミングに帰ってきてくれたね!」と色々な人から感謝の声を掛けられました。

マイホームを購入してローンを返済する必要があった

マイホームを購入し、多額のローンを組んでいました。

育児休暇は生後1年間は手当が出ますが、その後は無給になります。

無給期間も税金の支払いは発生するため、家計はマイナスになる可能性がありました。

金銭面を考えると早期復帰が望ましく、夫は0歳児入園を推していました。

1回目の育児休暇を長いと感じたから

長男は11月末生まれだったので、1歳児入園にしました。

保育園は1歳4か月での入園になります。

長男はかなり活発だったので、歩けるようになった1歳から午前、午後のお散歩は必須

子供と過ごす育児休暇が私にとっては仕事をする以上にハードで、

大変過ぎて早く仕事復帰したいと思っていました。

のじ
のじ

子供とずっと一緒にいる、そんな生活が私には向いていかなかった(笑)

もともと子供の相手は得意ではなかったですし、

平日はワンオペだったので四六時中、子供と一緒であることが辛いと感じていました。

自分のペースで仕事に向かう方があっていたのです。

0歳(10月生まれ)入園のメリットデメリット:まとめ

いかがでしたでしょうか。

秋生まれの子供を0歳児クラス入園させた場合のメリット、デメリットと、

我が家が0歳児入園を選んだ理由をお話しました。

0歳児入園は家では相当ハードスケジュールになりますが、

仕事に育児にとても充実した毎日を送れます。

入園してからはハードモードになりますので、入園前に調整や使えるサービスを検討しておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

1時間2,409円(税込)~の家事代行サービスCaSy

この記事を書いた人
のじ

このサイトの運営者 のじです。
共働き主婦(ワーママ)で小2と年中の男の子がいます。
システムエンジニアとして働いています。

のんびり仕事、のびのび育児を目標に日々過ごしていきたいと思ってはいますが、
子供が何歳になっても子育ての悩みは尽きません。
私の経験が少しでも皆様の問題解決のお役に立てれば幸いです。

のじのROOMには男の子向けおすすめ商品があるよ
子育ての悩み(0-2歳)
のじのROOMには男の子向けおすすめ商品があるよ
のじ日記

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました